超音波ウェルダー加工

超音波による繊維の溶着加工技術

東京サンキでは、化学繊維の性質を利用して、超音波による熱可塑性樹脂を超音波振動と加圧力によって瞬時に溶融させて接合する加工技術を有しております。
主に化学繊維やフィルム、不織布のシールなど平紐や平坦な生地の加工に使用します。

超音波ウェルダー加工の特徴

  • 圧倒的な溶着力で、素材自体が破れる程の力を入れても剥がれません。
  • 加工内容がスマートで、金属が使えない部位にも使用することができます。
  • 溶着に必要な時間が1秒以下と、サイクルが早い。
  • 接着剤などの消耗材を必要としないのでランニングコストが安い。
  • 接合面が完全に溶融するので、気密性の高い製品の加工ができます。

超音波ウェルダー加工